ウーマン

美容効果の高い成分

カウンセリング

小顔効果やしわの改善

加齢によって、肌が劣化して様々な弊害をもたらしてしまいます。その中でも、特に女性にとって深刻なのは、しわが出来てしまうことではないでしょうか。しわは、肌が乾燥することによって表情筋が顔に残るようになって出来てしまいます。表情筋は、笑った時や怒ったときなどに働くため、つまり日常生活で常に使われている筋肉ということになります。そのため、しわとして残りやすく、特に目じりや口元のほうれい線などは目立ちやすく、老けてみられる原因の一つとなってしまいます。そのようなしわを改善するためにおすすめなのが、ボトックスと呼ばれる成分を注入するという治療法です。ボトックスは、筋肉の力を緩めるという働きがあります。そのため、注入することで表情筋の働きが弱まり、しわの原因が消えてしわが改善されていくのです。美容クリニックや皮膚科などで簡単に打ってもらうことが出来るので、とても簡単な方法です。ボトックス効果は高く、注入して1週間程度でその効果を得ることが出来ます。また、そのほかにもボトックス効果はあります。それは、小顔効果です。小顔に憧れる女性は少なくありません。小顔は、美しいとされる条件の一つと言われるほど、重要なことの一つです。しかし、実は、ただ単にダイエットでは小顔効果を得るというのは難しいのです。顔に一度ついてしまった肉は、体重を落としたからといって落ちるものではありません。市販の小顔ローラーなどを使うことで効果を得られる場合もありますが、効果を得るまでに長い時間がかかってしまうというデメリットもあります。また、顔が大きく見えてしまう原因は、頬に張っているエラという場合も少なくありません。頬のエラは、生まれつきの場合もありますが、筋肉が凝り固まることによって出来てしまうということも多くあります。そのような場合、ボトックスを注入することでその部分の筋肉の力を緩め、凝り固まっていた筋肉をほぐす効果を期待出来ます。それによって、徐々にエラがなくなっていき、小顔効果をもたらしてくれます。エラをなくす、というのは、一昔前まではとても大変な手術が必要でした。糸を使ったリフトアップ手術や、骨を削るといった手術が必要なため、麻酔をかけて一日仕事を休む、という必要性もありました。しかし、ボトックスを注入する、という方法では、ただ一本注射を打つだけなのでとても簡単です。仕事を休む必要もありませんし、麻酔をかけることもないため、仕事終わりや通勤前に少しだけ時間を取るだけで十分なのです。この手軽さからも、ボトックスによる治療は人気を集め、多くの人々がその恩恵を受けているのです。しわと同じで、ボトックス効果は1週間程度経ったら現れてきます。効果の持続時間は3〜6か月程度で、目安として1年に2〜3回追加してボトックスを打つことで、効果を持続させることが出来る計算になります。クリニックによって設定は違いますが、値段もそこまで高額なものではありませんので、安心して利用することが出来ます。ボトックス効果を正しく得るために、使用頻度に気を付け、副作用などにも注意しながら利用しましょう。